宝くじ

宝くじの日

宝くじを買ったけど、
当たらない人の方が、圧倒的に多いでしょう。

購入したのにもかかわらず、当選確認をせずに
そのまま放置してしまって、1年の換金期限が
過ぎてしまうというケースがしばしばあります。

それで、毎年9月2日を宝くじの日とし、
大々的に未換金のくじの換金を促しています。

9月2日が制定された理由は、9をく、2をじ、
つまり92=くじという語呂合わせからです。

宝くじの日は、昭和42年に都道府県や
政令指定都市などの発売元と、

当時の販売受託銀行である第一勧業銀行、
現在のみずほ銀行によって制定されました。

該当するくじですが、前の年の8月から本年7月までの
1年間に抽選されたはずれくじを対象とし、
お楽しみ抽選が行われます。

はずれ券と言っても、
一部対象にならないはずれ券もあります。

ロト6やミニロト、ナンバーズや博覧会会場内限定で
販売されるイベントくじは対象外となります。

お楽しみ抽選の他にも、いろいろなイベントが
各発売元の政令指定都市などで行われています。

宝くじの日を記念したくじも発売されまして、
1等が1億円で5本、前後賞がそれぞれ
2500万円で50本です。

また、特別賞の枠くじの日記念賞は3万円、
本数は2万本となります。

くじ1枚あたりも、200円といつもよりお求め安い
金額なのも、魅力の一つですね。

発売は、宝くじの日である9月2日から。
全国のくじ売り場で買うことができます。

一度、この宝くじの日に買ってみてはいかがでしょうか?

宝くじって夢がありますよね?サラリーマンだけではなく
実は風俗でバイトしている女の子も宝くじなどを買って
ひとつの楽しみにしているみたいです

PR広告 風俗店のバイト探しはガールズワーカー